病院デザインの作り方 事例集

Point in the restroom 「トイレのポイント」患者さんが自力でトイレに行こうという気持ちはリハビリにつながります。トイレは十分な広さの確保や利用者の視点を考えることが重要です。その上で滑りにくい素材、色彩、照明、清潔であること、採尿袋が露出しない配慮など、限られた空間ながらも、行き届いた「おもてなし」が最も重要視されるスペースです。

Case1 トイレの満足度は集客・リピーター度に比例する

Case1 トイレの満足度は集客・リピーター度に比例する Case1 トイレの満足度は集客・リピーター度に比例する Case1 トイレの満足度は集客・リピーター度に比例する Case1 トイレの満足度は集客・リピーター度に比例する

トイレの満足度は集客・
リピーター度に比例する

リハビリの患者さんが来院するため、トイレを作るときに最優先されたのは機能性でした。使いやすく、清潔感を保ちやすいこと。億劫がらずに通えるようなトイレである条件を満たし、その上でデザインの力を借りて、患者さんに感動を与えられる場所にしました。
リハビリルームに隣接するトイレは、車椅子でも入れる広さのあるニューヨークスタイルに。必須の手すりは敢えて赤くすることで、デザインのポイントと実用性を持たせました。待合室のトイレは、上品なヨーロッパのホテルがコンセプトです。
「ここに来たら必ずトイレに行きます」と、トイレを楽しみにする患者さんの声が増えました。
(鈴木慶やすらぎクリニックその他)

Case2 キレイなトイレは、質の高いスタッフを集める

Case2 キレイなトイレは、質の高いスタッフを集める Case2 キレイなトイレは、質の高いスタッフを集める Case2 キレイなトイレは、質の高いスタッフを集める Case2 キレイなトイレは、質の高いスタッフを集める

キレイなトイレは、質の高いスタッフを集める

ご希望は、「病院によく見られる、ピンクやブルーのタイルのトイレではないものにしたい」とのことで、皮膚科・形成外科というクリニックのコンセプトに合わせ、「きれいになれるトイレ」をイメージしました。
白い内装を用いて、さらに余裕のゆったり感。内装に合わせた白のアイアンのテーブルと椅子を置くことで、優雅に身繕いできる空間になりました。トイレ機能を満たすだけでなく、行きたくなるトイレにすることは患者さんだけでなくスタッフからも支持を得ます。キレイなトイレを持つクリニックは質の高いスタッフを集めることにもつながります。
(ひらたあや整形外科クリニックその他)